コーヒー道具色々

●手網

豆を煎るときに使います。
外見がきれいに仕上がるのですが、コクが抜けやすいように
思います。書籍で紹介されているのは、この手網が多いです。
金物屋さんでも売っているところがあるので、とりあえず、
焙煎をやってみたいと思ったらこれがいいかもしれません。
PICTURE OF TEAMI

●いる・いる

豆を煎るときに使います。
宣伝文には、3分で豆が煎り上がるとの記述があるのですが、
この時間で出来上がったことはないです。
手網に比べると、底が厚いので火力調整が容易で、コクの抜け
も少し良いと思います。難点は、焙煎時、持つ所が火に近い
ので手が熱くなる。それと、一回に煎れる量が約50gぐらい
で少なめなところです。
PICTURE OF IRUIRU

●サンプルロースター

豆を煎るときに使います。
この道具は、プロのロースター(焙煎業者)が実際に豆を焙煎
する前に豆の具合を確かめるときに使うもののようです。
東京都内の喫茶店でもこれを使っているところをみかけた
こともあります。
手網でのコク抜け、いる・いるでの手が熱くなるところ、
一回の焙煎量などが解決されるので、そこそこ、いいもの
だと思います。
焙煎容量は、500g となっていましたが、ここまで量を多く
してしまうと出来上がりが煙臭くなってしまうと思われる
ので、400g ぐらいまでしかやったことがありません。
PICTURE OF SAMPLE Roaster

●ドリップポット

お湯をいれてドリッパーの注ぐときに使います。
ドリッパーに注ぐとき、お湯のコントロールをしやすくする
ためと、沸騰したお湯をさまして落ち着かせるためです。
写真のものは、通称「M−5のポット」と言われ、ステン
レス製(18-8)です。
PICTURE OF POT FOR TRIP

●カリタ ナイスカット・ミル

豆を挽くときに使います。
ditting 社のミルのように、薄皮の除去はできませんが、
羽が回転するタイプのものと比較すると、容易にうまく
挽くことができます。15段階の挽き具合調整が可能です。

PICTURE OF cutting mil

●カリタ ドリッパー

ドリップするときに使います。
穴は、小さいのが3つあり、メリタに比べるとお湯の抜け
が若干いいようです。
写真のものは陶器製ですが、他にプラスチック製のものも
あります。
PICTURE of kalita coffee dripper

●コーノ ドリッパー

ドリップするときに使います。
穴は、大きいのが一つあり、メリタ、カリタと比較すると
お湯の抜けは一番良いです。その反面、注湯でお湯の量を
コントロールする必要はあります。
元々、業務用であったようで、売っているお店があまり
ありません。
PICTURE OF KONO coffee dripper

 [BLOG]  [TopPage]  [misc.coffee]  [喫茶ML]

Copyright (C) 1996-2009 S.Eguchi(fukurou)